京阪宇治線ナビ

twitter



京阪電鉄宇治線(京阪宇治線)京阪宇治駅紹介

京阪宇治駅(うじえき)は、京都府宇治市にある、京阪電気鉄道宇治線の駅。 宇治線の終着駅である。 西日本旅客鉄道(JR西日本)に同名の駅があることから便宜上、京阪宇治駅と呼ばれることが多い。なお、両駅間は宇治川を挟んで、約890mの距離がある。 休日には観光客で賑わう。また、時期によっては混雑するため駅前ロータリーに臨時の切符売場が設けられる。

京阪電鉄宇治線(京阪宇治線)京阪宇治駅の年号

1943年(昭和18年)10月1日 - 会社合併により京阪神急行電鉄(阪急電鉄)の駅となる。
1949年(昭和24年)12月1日 - 会社分離により京阪電気鉄道の駅となる。
1964年(昭和39年)7月29日 - 3番線を廃止する。
1967年(昭和42年)5月28日 - 列車運行管理システム (PTC) の使用を開始。
1995年(平成7年)
6月17日 - 駅前再開発にともなうにより現在地へ新築移転。
12月25日 - 駅東側に「京阪宇治駅駐輪センター」が開設、運営は宇治京阪タクシー。
1996年(平成8年)10月1日 - 新駅舎が「グッドデザイン」に選定される。 1997年(平成9年)8月5日 - 社有地有効利用の一環として、駅複合型商業施設を備えた京阪宇治ビルがオープン。
2000年(平成12年)9月19日 - 第1回「近畿の駅百選」に選ばれる。
2013年(平成25年)6月15日16日 - 「宇治線開業100周年記念イベント」を駅構内で開催。
2016年(平成28年)10月31日 - 駅構内に「旅客案内ディスプレー」を設置、運用開始。
2017年(平成29年)
8月26日 - 駅ビル内に「観光案内所」を設置、運用開始。
12月22日 -駅構内に外貨自動両替機を設置。

京阪電気鉄道宇治線(京阪宇治線)線駅一覧

京阪電気鉄道宇治線(京阪宇治線)宇治駅 - 三室戸駅 - 黄檗駅 - 木幡駅 - 六地蔵駅 - 桃山南口駅 - 観月橋駅 - 中書島駅

京阪電鉄宇治線(京阪宇治線)沿線不動のアイコン京阪電鉄宇治線(京阪宇治線)沿線不動産情報